4/20富山(氷見)冤罪国賠 第9回弁論

2011年4月20日(水) 13:30~

富山地裁 1号法廷

前回第8回弁論では県、国の持っている関連する捜査資料の任意提出を原告側が求め、裁判長もそれを県や国に求めている。 「8月事件の関係証拠を提出すべき(裁判長)、証拠関係では証拠等提出要求書、文書送付嘱託申し立て3、文書送付嘱託申し立て4を提出・陳述。裁判長も被告県に8月事件についてどのように認識していたか、関係する証拠の提出を促した次回以降も証拠開示の攻防戦は続く。」 と国賠ネット通信No.128、p.13に報告されている。

カテゴリー: 冤罪, 富山冤罪, 裁判   パーマリンク